« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月19日 (日)

江戸時代っぽい?物置

玄関の脇の物置をつくっています。 物置だけど、しっかりとした木組みです。「この物置が一番地震に強いんじゃないか~」と、大工の松下さん

6s

2s

この物置の外壁は、柿渋と松煙を混ぜたものを塗った板をはります。

柿渋は、まだ熟れていない柿の液を発酵・熟成させてできるもの。
昔から木・布・紙等の染料や補強剤・防腐剤・防水剤として利用されていたとのこと。

松煙は、樹脂含量の多い松を不完全燃焼させてつくった煤(すす)を集めた炭素黒色顔料です。ちなみに、書道で使う墨は、この松煙と香料と膠を練り固めたものだそうです。。。

この2つを混ぜて、防腐効果のあるチャコールグレーの塗料をつくりました。

10

藤孝建設の佐藤さんが、柿渋と松煙を混ぜています。

その松煙入り柿渋を板に塗るのは、施主施工☆猛暑の夏、炎天下のもと頑張って塗りました お疲れ様

ちなみに、板を張る前に塗らないと、板が乾燥して動いた際に、板と板が重なって塗っていない部分が見えてきて、きたないそうです。
3s

化学塗料にはない、いい感じの黒、ジャパンブラック。
4s
この日は本当に暑くて、施主も大工さんもヨレました  (yama)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

外構工事が着々と☆

内部の木工事はほぼ終わり、今度は外構木工事が着々と進められていました。

ベランダが立ち上がってきています。

1s

大工の松下さんの手刻みで、ガッチリしています。

2s


中庭に面するプチベランダも、大工の山田さん中心に、横格子の取り付けが進められていました。
山田さんは75歳なんだそうです!
足場の上や高い場所でも、ちゃかちゃかっと動き回って、若いなぁ。。。

S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土壁3畳間と青い壁

リビングとつながって、3畳の小間があります。
ちょっと粋な部屋にしようと、大工さんや佐藤さんと試行錯誤しながら、つくった部屋です。
匠左官工芸の鈴木さんが、その部屋の土壁?漆喰?を塗っています。

愛知県の小牧の土と藁と砂を混ぜたものを塗っています。
下塗り2回、中塗り・・・と、ナント計5回も塗って仕上げているそうです   手間がかかっています

S_3

左官屋さんは大工さんから見れば仕上げをする側。
仕上げる左官屋さんは、大工さんの気合の入った仕事を見ると、
いつも以上に気持ちが引き締まって、仕上げにとりかかるそうです。

1s_4

そうして、いいものはみんなで、作り上げていくそうです。
誰かがその心意気を感じないと、その輪が崩れてしまう。。。
そうすると本当にいいものはできないんだよぉと大工の松下さんが言ってました。

トイレは、青い壁。
先程とは異なり、下塗り+仕上げです。

石灰クリームに、緑と青の液体顔料を混ぜてこの色を出しています。
ちょっと顔料を入れすぎると、濃くなりすぎるし、乾くと薄くなるので、そこらへんの按配が難しそうです。

S_4

1s_5
(yama)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

左官屋さんが下塗りはじめました

壁の下塗りが始まりました。
壁が白くなると、ぐっと雰囲気が変わってきます。
上手に仕上がるといいですが・・・。

1s

S

2s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

タイルはり

9月半ばになってもまだまだ暑い土曜の昼下がり、
藤孝建設社長の佐藤さん自らが、洗面の壁のタイルをはっていました。
1s_2

S_2

タイルカッターで、25角のタイルをさらに小さくカットしています。

私もちょっと体験してさせていただきました
(yama)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

外壁シートがとれて全体が見えました☆

外壁シートがとれて、外観が全体が見えるようになりました。

2階の窓脇の外壁にはアクセントで縦格子が付いてます。
最初はこの部分を板張りにという案もあり、悩みましたが、格子にしてもらいました。
藤孝建設の佐藤さんが男気?!でほとんど節のない材を入れてくださいました
ありがとうございました

1s

S

格子の見付けと空き間隔も悩みましたが、きれいにできました。 
よかった
(yama)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格子づくり

格子づくりが行われています。

S

●雨戸の戸袋部分が格子になります。
1s

●雨戸の取り出し口をつくっています
65 

●こんなカタチの鉋もあるんですね。。。

2fs
2階の格子を下から見上げたところ。

Cimg5103s

2階の格子は雨戸の戸袋ではなく、外壁のアクセントです。
当初板張りを考えていましたが、格子にしました。
通りから目立つので、 格子の間隔はちょっと狭くし、面のとり方も1階とはちょっと変えています。(大工さんとだいぶ検討しました)
大工の松下さん曰く、パッと見わからないけど、ひと手間が建物の品や雰囲気を変えるとのこと。
(yama)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

塗装屋さんの車は刷毛がいっぱい

塗装屋さんの車の中は、ワンダーランドでした
刷毛はこんなふうに、シンナーみたいな液体につけて保管するようです。

1s_3

塗装屋さんの車の荷台の後ろには、引き出しが備え付けらえていて、
その中にもいっぱい刷毛が入っていました。
ナント1本5000円もするものもあるそうです


2s_4
天井に塗るのも、液たれせずにス~イスイ

オスモや、プラネットハリウッドのクリアオイルなどを使っています。
(yama)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »