« 外壁吹きつけ | トップページ | 塗装屋さんの車は刷毛がいっぱい »

2010年8月25日 (水)

竿縁天井

2階の唯一の畳の空間である3畳間の天井は、竿縁天井です。
ちょうど竿縁天井張りが始まっていました。

1s

杉の竿に、二歩三厘の厚さの杉板でつくっています。
板を羽重ねにはる稲子張りが施されています。
板がきれいに反るように、杉板の裏側を丸鉋で削っていました。

4s

5s

三畳の小間なので、竿縁天井の板幅も、竿の間隔も少し狭いので、
狭いところから顔を出しての天井板を張る作業は大変そうです

2s

3s
真ん中は埋込み照明が入ります。
(yama)

|

« 外壁吹きつけ | トップページ | 塗装屋さんの車は刷毛がいっぱい »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竿縁天井:

« 外壁吹きつけ | トップページ | 塗装屋さんの車は刷毛がいっぱい »