« 巾木 | トップページ | 書斎ができてきた »

2010年6月20日 (日)

刃物は大工の命?!

日曜日の夕方、日曜日も仕事をしていた松下さんが鉋や鑿を砥いでいました。

20100620_1_3

20100620_4s

粗い目の砥石の後、細かい目の砥石で砥いでいきます。

20100620_1s

砥いだ後は、椿油を塗って完成☆
砥ぐ作業はかなりの集中力がいるので、一度にたくさんの鑿や鉋を砥ぐのは難しいとのこと。休みの日などに、ゆったりとして気持ちで道具の手入れをするのがよいそうです。
道具に対するこだわりと愛情がいっぱいで、ステキです。

松下さんがタオルで椿油を塗っている鑿は、大工なりたての頃から使っているもので、もっと長い鑿だったとこのこと。(私とほぼ同じ年の鑿だとか!) 長年使っているうちに、ちいちゃくなっちゃったそうです。

20100620_2s
松下さんが日々使っている鑿。
ごっついモノからかわいらしい小さな刃のモノまで、見ていて楽しくなります。
(yama)

|

« 巾木 | トップページ | 書斎ができてきた »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刃物は大工の命?!:

« 巾木 | トップページ | 書斎ができてきた »