« 土佐の幡多ヒノキとクスノキ2 | トップページ | なが~い庇 »

2010年4月15日 (木)

幡多ヒノキがカウンターに

高知・黒潮町からいただいた幡多ヒノキの板を接ぎあわせて
出窓からつながるカウンター部分の加工が行われていました。

幡多ヒノキの板は幅広ではないので、
出窓からカウンターまで3枚も接ぎ合わせなくてはならなく、
大工・松下さん大変です

電動サンダーでツルツルにした後、
接ぎ合わせて、
またサンダーをかけて、さらに継ぎ目をツルツルに仕上げていました。
20100410_2

20100410_1
障子の溝を加工し、セッティング。。。
ピッタリに調整するために、セッティングしては出して削って、調整していました。
とても手間がかかっています。
20100410_4

Cimg3901s

20100410
この左側にもう一枚、接ぎ合わせられて、カウンターになります。
松下さん曰く、「材料に余裕があれば、もっと接ぎ目もわからないようにできるんだけどな。。。」とのこと。
でも、とってもきれいに加工されています。

届いた時は埃まみれだった板が、ほんのりピンク色のカウンターに生まれ変りつつあります。
完成が楽しみです♪
(yama)

|

« 土佐の幡多ヒノキとクスノキ2 | トップページ | なが~い庇 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幡多ヒノキがカウンターに:

« 土佐の幡多ヒノキとクスノキ2 | トップページ | なが~い庇 »