« こんにちは・・・窓ができた! | トップページ | ラス板はり »

2010年3月21日 (日)

廻り縁の大きさ検討

3畳間の廻り縁の大きさ、3畳間の丸太との取り合いなどは、金曜日の打ち合わせで、設計者の澤野さんが大工の松下さんにお任せする!ということで、
一緒に廻り縁の大きさを検討しようとなりました

廻り縁の大きさと、丸太をどれだけ壁から出すかなどが絡んでくるので、
廻り縁が決まらないと、丸太の加工ができないから、まず廻り縁を検討するんだそうです。
まずは松下さんがこのくらいがいいのではという大きさの廻り縁をつくりました。
20100320_1s

今回は梁と廻り縁が接するので、梁と接する部分は3ミリ透かせるために欠いてあります。
20100320s

もう少し小さいのがいいね。。。
もう少し大きいのがいいね。。。と、
左から3ミリずつ大きくした3種類の廻り縁がつくられました。
この空間にはどの大きさがいいか、離れて見たり、下から見たりして検討しました。


3ミリの透きが効いています。
20100320_3s

真ん中の大きさがいいね!となりました。
ついでに竿がこんなふうに取り付くね。。。と教えてくれました。
20100320_4s
ありがとうございました
(yama)   

|

« こんにちは・・・窓ができた! | トップページ | ラス板はり »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廻り縁の大きさ検討:

« こんにちは・・・窓ができた! | トップページ | ラス板はり »