« 3畳間の丸太の加工2 | トップページ | 土佐の幡多ヒノキとクスノキ2 »

2010年3月24日 (水)

竹の戸当たり

丸柱を立てた3畳間のつづきです。

竹の戸あたりの取り付けが進められています。
大工の松下さんが、1日がかりでやってるよぉ~と写メール送ってきてくれました。
この竹に、障子がトンとあたるようになります。
どんな加工をして、どうやって取り付けているんでしょう??
竹の中に隠れるようにホゾ加工してあったり、残った竹でつくった竹釘で取り付けるとのことらしいですが。。。
今度見に行くのが楽しみです。

201003241

(yama) 

|

« 3畳間の丸太の加工2 | トップページ | 土佐の幡多ヒノキとクスノキ2 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹の戸当たり:

« 3畳間の丸太の加工2 | トップページ | 土佐の幡多ヒノキとクスノキ2 »