« 垂木が並べられて | トップページ | 屋根づくり »

2010年1月17日 (日)

野地板はり

今日は野地板はりが行われていました。

20100116_1s

以前にご紹介した垂木の拝みの部分の吸い付き桟です。
小さいながらも、2本の垂木をしっかり引き寄せて、一体化させています。
丸太にささっているのは楔です。

20100116_3s

野地板をはる時、吸い付き桟の出っ張った先の部分はカットします。

20100116_4s

野地板を鉋で削っています。。。。
何をしているのだろう??

20100116_5s

棟のところの角を出していたです。
大工さんの仕事って、細かいことがいっぱいあるですね。

20100116_6s
(yama)   

|

« 垂木が並べられて | トップページ | 屋根づくり »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

棟梁?の松さんスゴイですね!強度を上げるために釘や鎹を使わず、寺社を建てる時に使われる「伝統工法」。匠の技術と根気なくしてできませんね。この家を作る「想い」が伝わってきます。ぜひ、次世代にも伝えてください。

投稿: 神奈川大工学部卒 | 2010年2月27日 (土) 16時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野地板はり:

« 垂木が並べられて | トップページ | 屋根づくり »