« 遣り方 | トップページ | 吸い付き桟 ~上棟前の準備 »

2009年12月14日 (月)

土佐の幡多ヒノキとクスノキ1

お仕事で7年近くのお付き合いになる高知県黒潮町の幡多森林組合の組合長さんの岸本四郎さん↓
Photo_2
町内でも人望のあつい、ちっちゃいけどすばらしくバイタリティのあるおんちゃんです。

その四郎おんちゃんが、家を建てると言ったら、
伐って10年位たつ幡多ヒノキを使えや~とのこと

出張のついでに、倉庫に置かれている幡多ヒノキをみてきました。
幡多ヒノキは、上品な桃色の心材が特徴。

それから、
四郎おんちゃんが作ったログハウスで階段に使われていたクスノキもいいな。。。
じゃあクスノキも♪となった。

クスノキは、樟脳という有用物質を含むため、虫に強く、また硬く緻密で光沢があるのが特徴らしい。
20091214_3

これから安く運搬してくれる業者を探すのが大変だけど、
家の中にどうおさまるか楽しみ☆
(yama)

|

« 遣り方 | トップページ | 吸い付き桟 ~上棟前の準備 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐の幡多ヒノキとクスノキ1:

« 遣り方 | トップページ | 吸い付き桟 ~上棟前の準備 »