2011年4月 2日 (土)

できました!2

Cimg6645s

Cimg6642s

Cimg6548s

Cimg6543s 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できました!

Cimg5714s

Cimg5850s

Cimg5842s_2

Cimg5801s

Cimg5824s   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

中庭デッキづくり

中庭のデッキを大工の松下さんと一緒につくりました。

雨がかかるところなので、木はイペを使いました。

Cimg6369s


Cimg6375s

Cimg6379s   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

同級生で植樹!

主人の幼なじみの花屋さん・米山園さん(茅ヶ崎)の三武さんと

エントランス部分にヒメシャラ、

中庭にイロハもみじを植えました。

砂利の層がかなり深くまであって、穴を掘るのが大変そうです。。。

S

「どんな感じ~?」と近所に住む三武さんのお兄さんもチャリで様子を見に来てくれました。

2s

5s

植えるものよりひとまわり大きく掘って、穴の下や周りに腐葉土や肥料を混ぜたものを入れてました。

向きなどを入念にチェックしながら、ヒメシャラの植え込み完了note

4s

中庭のイロハ紅葉も完了note

二人ともちょっとヨレてるみたい・・・お疲れ様happy01

1s
(yama)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

玄関ポーチ洗い出し

藤田左官工業の藤田さんが今日は玄関ポーチの洗い出しを仕上げてくれました。
見たことなかったので、楽しみに現場に向かいました。
先日塗った下塗りの上に、石を混ぜた松煙を入れた黒モルタルが上塗りされていました。

上塗りした後、何故?新聞紙を上に乗せるのか?よくわかりませんでした。
経師屋さんが「どぉ~うまくいきそう?」と様子を見にきました。
20101022_1s

モルタルが固まってきたので、そろそろ洗い出し作業☆
藤田さんが洗い出し衣装に変身です。
20101022_2s

洗い出し作業が始まりました!
噴霧器で石がきれいに浮き出るように表面を洗い流します。

この噴霧器、お父さんの代から使っているもので、今はもう売っていないものらしいです。
真鍮のにぶい色がいい味を出しています。
20101022_5s

どんな風に石が浮き出てくるのか、ドキドキhappy01

20101022_7s
石が浮き出てきました☆

20101022_8s

側面も丁寧に洗い出していきます。
洗い出す作業、かなり大変そうでした。

乾いてどんな感じにあるのか、楽しみです
(yama)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

玄関洗い出し下地に、階段手すりに・・・

左官の藤田さんが玄関ポーチの洗い出しの下地を施しています。
藤田さんはお父さんの代も左官屋さんで、テツさんが藤田左官工業を継いで頑張っています。
口数は少なく、黙々と仕事する姿が職人さんらしいです。
いつもニコニコおだやかな雰囲気がいい感じです。

20101016s

20101016_3s

カンジキみたいなのを履いて、塗った下地の上にのっています。
カンジキと同じで、下地材の中にズボッと足がはまらないみたいです。

洗い出しの見本も作ってくださいました。
石の大きさが異なります。
黒モルタルと普通のグレーのモルタルで分けてつくられています。

●階段では、山田さんがフラットバーの上に、ヒノキで笠木をつくっています。
20101020_1s
折り返す前の壁に付いた手すりは、クスノキを六角形に削って作られています。


●トイレでは、藤孝建設の社長の佐藤さんが換気扇をつけています。
佐藤さんは社長さんですが、細々とした事を何でもこなします☆
20101021s

竣工にむけて、何やらワサワサしてます。(yama)    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

佐藤タイル屋さん&花台とりつけ

藤孝建設の社長・佐藤さんがタイル屋さんに変身です!
ご親戚は伊豆でタイル屋さんをやっているそうで、
俺だってできる・・・と自信たっぷりで、暑いなかお風呂にこもり、頑張っていました。

タイルは悩みに悩み、名古屋タイルで扱っている色むらのあるチャコールグレーのタイルを選びました。

1s_2

2s_2

大工の松下さんは花台を取り付けてました。

2_1

通りに面しているので、植物を飾れるといいなぁと思っていますが、
ちゃんと水やりとかできるか・・・coldsweats01
キッチンの窓なので、ハーブとかも育てたいと思っています。。。(yama)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

江戸時代っぽい?物置

玄関の脇の物置をつくっています。 物置だけど、しっかりとした木組みです。「この物置が一番地震に強いんじゃないか~」と、大工の松下さんsmile

6s

2s

この物置の外壁は、柿渋と松煙を混ぜたものを塗った板をはります。

柿渋は、まだ熟れていない柿の液を発酵・熟成させてできるもの。
昔から木・布・紙等の染料や補強剤・防腐剤・防水剤として利用されていたとのこと。

松煙は、樹脂含量の多い松を不完全燃焼させてつくった煤(すす)を集めた炭素黒色顔料です。ちなみに、書道で使う墨は、この松煙と香料と膠を練り固めたものだそうです。。。

この2つを混ぜて、防腐効果のあるチャコールグレーの塗料をつくりました。

10

藤孝建設の佐藤さんが、柿渋と松煙を混ぜています。

その松煙入り柿渋を板に塗るのは、施主施工☆猛暑の夏、炎天下のもと頑張って塗りましたcoldsweats02 お疲れ様heart04

ちなみに、板を張る前に塗らないと、板が乾燥して動いた際に、板と板が重なって塗っていない部分が見えてきて、きたないそうです。
3s

化学塗料にはない、いい感じの黒、ジャパンブラック。
4s
この日は本当に暑くて、施主も大工さんもヨレましたwobbly  (yama)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

外構工事が着々と☆

内部の木工事はほぼ終わり、今度は外構木工事が着々と進められていました。

ベランダが立ち上がってきています。

1s

大工の松下さんの手刻みで、ガッチリしています。

2s


中庭に面するプチベランダも、大工の山田さん中心に、横格子の取り付けが進められていました。
山田さんは75歳なんだそうです!
足場の上や高い場所でも、ちゃかちゃかっと動き回って、若いなぁ。。。

S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土壁3畳間と青い壁

リビングとつながって、3畳の小間があります。
ちょっと粋な部屋にしようと、大工さんや佐藤さんと試行錯誤しながら、つくった部屋です。
匠左官工芸の鈴木さんが、その部屋の土壁?漆喰?を塗っています。

愛知県の小牧の土と藁と砂を混ぜたものを塗っています。
下塗り2回、中塗り・・・と、ナント計5回も塗って仕上げているそうですeye   手間がかかっていますcoldsweats02

S_3

左官屋さんは大工さんから見れば仕上げをする側。
仕上げる左官屋さんは、大工さんの気合の入った仕事を見ると、
いつも以上に気持ちが引き締まって、仕上げにとりかかるそうです。

1s_4

そうして、いいものはみんなで、作り上げていくそうです。
誰かがその心意気を感じないと、その輪が崩れてしまう。。。
そうすると本当にいいものはできないんだよぉと大工の松下さんが言ってました。

トイレは、青い壁。
先程とは異なり、下塗り+仕上げです。

石灰クリームに、緑と青の液体顔料を混ぜてこの色を出しています。
ちょっと顔料を入れすぎると、濃くなりすぎるし、乾くと薄くなるので、そこらへんの按配が難しそうです。

S_4

1s_5
(yama)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«左官屋さんが下塗りはじめました